クルーズジャパン【日本の船旅・世界の船旅】

>リンク集 >サイトマップ

クルーズロゴバナー
クルーズについて 世界の寄港地 世界の客船 クルーズQ&A クルーズ旅行検索
 

クルーズで訪ねる熊野古道
寄港地:鳥羽・新宮

鳥羽・新宮は国内クルーズの多くに取り上げられている寄港地ですこの地に置ける最大の観光は世界遺産の熊野古道です。半日程度で多くを観光する訳にはいきませんが、鳥羽、新宮に訪れたなら、ぜひその一端を味わっていただきたいものです

 

熊野古道は古来より人々が下界から神仏の宿る聖域に近づくための修行の道であった。厳しく清爽な自然環境の中に、今日もなお沿道の山岳や森林と一体となった歴史的景観を残す。2004年に世界文化遺産に登録されるが、その総延長は300km以上にもおよぶ。下記の6つの街道にはそれぞれハイライトとなるコースがいくつもある。その行程も、本格的な山歩きに近いものから、軽い散歩気分で歩けるものまで様々。ご自分の興味や体力にあったコースを選び、いにしえの道を数日間たどるというのはいかがでしょう。

 













 

■6つの路

熊野古道は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称であり、主に以下の6つの道を指す。古道の多くは2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。これはスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」と共に珍しい道の世界遺産である。

小辺路(こへち/高野山ー熊野三山は真言宗総本山の高野山と熊野三山の二大聖地を最短距離で結ぶ参詣道で、紀伊半島の山岳地帯をほぼ一直線に縦断する峠越え道。

中辺路(なかへち/田辺ー熊野三山は田辺から紀伊山地に入り熊野本宮大社を経て熊野速大社、熊野那智大社を巡る参詣道。平安時代以降、皇族貴族をはじめ多くの人が熊野詣に使った道です。

大辺路(おおへち/田辺ー熊野三山は、田辺を起点として本宮へ通じる熊野詣りの最初の幹線で、皇室の熊野御幸道とされ、多くの修験道も修行のために通りました。

伊勢路(いせじ/伊勢神宮ー熊野三山は東周りの代表的な古道で、伊勢参宮を終えた旅人や、西国三十三ヶ所めぐりの巡礼たちが辿った庶民の道です。

大峯道(おおみねどう/吉野ー熊野三山は吉野から二千メートル級の大峯山脈の稜線を走破して熊野本宮に至る修験道で「奥駈け」とも呼ばれます。

紀伊路(きいじ/京都ー田辺は京の都から大坂を経て紀州入りする西回りの代表的な古道で、道標や休憩所の役目も果たす熊野の分社「熊野九十九王子」が祀られ、天皇や上皇たちの御幸ルートとなっていた。※世界遺産に含まれていない

 

■熊野古道の歴史は行幸で始まる

熊野周辺は日本書紀にも登場する、自然崇拝の地でした。907年の宇多法皇の熊野行幸が最初と言われますが、熊野三山への参詣が頻繁に行われるようになったのは、1090年の白河上皇の熊野行幸からと言われています。

熊野三山が成立した平安時代中期、法皇や上皇の御幸がはじまると、街道や宿場が整備され、その後、武士さらには庶民へと信仰が広がり「熊野詣」がますます盛んになっていきました。また11世紀半ばから広まった浄土信仰によって、熊野が「浄土の地」として広く認識されるようになり、熊野信仰が広がりを見せたことも背景にあるようです。

「熊野街道」の整備が本格的に行われたのは、江戸時代元和5年(1619)徳川御三家として、徳川頼宣が初代藩主となると、藩政の諸政策を進め、寛永12年(1635)には、和歌山から新宮までの紀伊路に田丸(三重県玉城町)までの伊勢路を延長編入して、現在の熊野街道がかたちづくられました。

■古道の風情

熊野古道は山岳、海沿いなどで様々な表情を見せますが、中でも人々を魅了しているのは石畳の道でしょう。東紀州地域は、全国でも有数の多雨地帯。石畳の敷設は、大雨による路面の流出や崩壊から守り、夏草やシダ類の繁茂をおさえて道筋を確保するためにされました。古道は崩れるたびに修復され、何世代にも渡って多くの人たちにより数限りない手が加えられてきたのです。

※写真は上から
大門坂夫婦杉、多富気王子、3〜5は石畳の道
これらの写真は
み熊野ねっと「那智駅 → 熊野那智大社」より転載させていただいております。

寄港地からクルーズを検索
キーワード検索

鳥羽を新宮に置き換えても検索できます。キーワードを加えたい場合は半角スペースで区切る

 

熊野三山

熊野本宮大社

かつては「熊野坐神座」と呼ばれ、熊野川の中州(大斎原)にあったが、1889年の水害で羅災。流失を免れた主要な社殿が1891年に現在の地に移された。

住所:和歌山県東牟婁郡本宮町本宮1110
TEL:0735-42-0009
参拝時間:8:00〜17:00
参拝無料

熊野速玉大社

熊野川の河口近くに建立され、背後の権現山の中腹には、祭神が降臨したと所と伝えられる「神蔵神社」がある。毎年2月6日に行われる「熊野御燈祭」は原始信仰を受け継ぐ祭礼とされている。

住所:和歌山県新宮市新宮1
TEL:0735-22-2533
参拝自由

熊野那智大社

那智山の中腹に開かれ、那智の滝に対する原始自然信仰に起源する神社。那智の滝は、神武天皇によって発見されたと伝えられる。

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
TEL:0735-55-0321
参拝時間:8:30〜16:30
参拝無料

鳥羽港周辺地図


詳しい地図で見る

Go To Top

クルーズジャパン【日本の船旅・世界の船旅】