■クルーズについて ■クルーズ客船について

クルーズについて〈3〉

(1) (2) (3) (4) (5) (6)

■クルーズに必要な服装ドレスコードについて

クルーズで気になるのがドレスコード。時代とともに服装に対する意識はだんだん変化してきており、最近の客船は、これらのドレスコードがとても緩やかになってきました。もともとドレスコードは客船によって大きく異なります。イタリアやギリシャなど、南欧の客船やカリブ海などのリゾートを巡る客船は、せいぜいジャケットにネクタイがあれば十分。カジュアルで過ごせる客船が多くなりました。しかしクルーズを楽しむのであれば、ドレスコードは当然、くらいの考えを持っておいた方がいいでしょう。クルーズに参加する時、前もってどの程度のドレスコードがあるのか確かめておいた方無難です。

ドレスコードがある場合、クルーズ中にドレスコードを指定される場合があります。1週間程度のクルーズでフォーマルが2回、セミフォーマルが2回くらい。これはウェルカムパーティーやフェアウェルパーティ、船長主催のパーティなど、イベントの時。ドレスコードの指定が何回あるのか、聞いておくのもいいかも知れません。

 

ドレスコードの一般的な概念は次の3つです。

★カジュアル

男女ともスポーティーな軽装。シャツやスラックス、スカートなどです。日中は短パンでもかまいませんが、夕刻には襟のあるシャツに長ズボンといった服装に改めてください。

★セミフォーマル(インフォーマル)

男性はブレザー、スーツ、ジャケットにネクタイを着用。女性はワンピース、カクテルドレス、パンツスーツなどです。

★フォーマル

男性はタキシード、ディナージャケット、ダークスーツにネクタイ。ドレスシャツにカマーベルトなど。女性はイブニングドレスやカクテルドレス。日本人の着物はフォーマルにあたります。

リラックスして楽しむために船に乗っているわけですから、窮屈な思いをするなんて馬鹿げています。自分のライフスタイルに合った船を選ぶというのも一つの選択肢です。

 

■ダイニングリクエスト

ダイニング・リクエストとは、クルーズ客船独特のシステムで、大勢の乗船客に温かい料理・食事を提供するために、2回に分けて食事時間を設定することをいいます。お客様の希望により、前半か後半かの選択ができるのが原則です。ファーストシーティングとセカンドシーティングには朝食、昼食、ディナーとそれぞれ2時間ほどの時間差があります。予約時に希望することができます。

しかし、最近では、メイン・レストラン以外に、その日のフルコースと同じ料理を楽しめる自由席のレストランをもうけたクルーズ客船が登場してきました。さらに朝食、昼食時は、ほとんどの客船に、リド・カフェと呼ばれるビュッフェ式の食事を提供するレストランがあり、時間帯に関係なく、しかもデッキなどオープン・スペースで食事を楽しむことができます。また、ハンバーガー・スタンドや24時間オープンのピザ・ハウスを持つ客船も出現しており、極端なことを言うとクルーズ期間中は24時間、無料で(有料のレストランもある)何かを食べ続けるということもできるようになりました。

ドレスコードと同様に、時間に不自由で、いつも決まったテーブルで食事を取らねばならないシーティング制度は、クルーズにおいてだんだん緩やかになっています。